×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Windows Vista を買うならamazonで!
info_page
Windows Vista を使いこなそう!

Windows Vista Tips

雑誌などに掲載されているTipsからめぼしいものを適当に選んで転載しています.
(私にとっての備忘録,といった感じですかね・・・)



自分で登録した単語をビスタのIE7でも使えるようにする

辞書登録した単語や顔文字・絵文字がビスタのIE7で使えないというトラブルが発生した場合の対応方法を記述しておきます.
※他のブラウザを使用する,という対策もありますが,ここではIE7を使用する前提で記述してます.

対応方法の前に,まずは原因から.

《原因》

  • ビスタには「通常の辞書」以外に「IE保護モード用の辞書」があります.
    • IE保護モード用の辞書・・・
      C:\Users\ユーザ名\AppData\LocalLow\Microsoft\IMJP10\imjp10u.dic
    • 通常の辞書・・・
      C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP10\imjp10u.dic
    ※Office2007を導入している場合は「IMPJ12\imjp12cu.dic」になっていると思います.

  • IE7は保護モードが有効になっていると「IE保護モード用の辞書」,無効の場合には「通常の辞書」を参照しています.

→すなわち,“保護モードが有効なIE7では「通常の辞書」に登録された単語が使えない”ということになります.


《対策1》メモ帳で入力してからコピー&ペーストする

マイクロソフト提示の回避策.以下を参照.
Windows Vista の Internet Explorer 7.0 で日本語入力システムの一部の機能が使用できない

※都度こんな対応はしてられないような気がします.


《対策2》日本語入力したいサイトを信頼済みサイトに登録する

これもマイクロソフト提示の回避策.以下を参照.
登録した単語を Windows Vista の Internet Explorer 7.0 で使用できない

※書き込みするのが特定の信頼できるサイトの場合,この方法が楽です.でも,色々なサイトで書き込みする場合,「信頼済みサイト」にやたら登録することになり,リスクは増大しますね.


《対策3》IE7の保護モードを無効にする

対応1,2に比べて楽な対応ですが,当然「保護モード無効」はリスク増大ですね.
※IE7上で「辞書登録も行いたい」場合は,この対策を取らざるを得ません.


《対策4》常時「IE保護モード用の辞書」だけを使うようにIMEの設定を変更する

セキュリティレベルを落とさずに楽に対応,ということでこれがお勧めですかね.

設定変更方法を以下に記述します.
「通常の辞書」に登録済みのデータを「IE保護モード用の辞書」に移行する手順も含めています.データの移行が不要な場合は,以下の3,4のみ行えばよいです.

  1. 「辞書ツール」を開きます.(移行元の「通常の辞書」)
    ime_01.png

    ime_02.jpg
    パスが「\Roaming」になっていることを確認.
    この例では「びすた」という単語が登録されています.

  2. 「ツール」→「一覧の出力」で登録単語をテキストファイルに出力します.
    ime_03.jpg

    ime_04.jpg
    例ではoutput1.txtというファイルに出力しています.
    保存場所はデスクトップ等任意のフォルダで構いません.

  3. 辞書ツールを閉じて,「プロパティ」を開きます.
    ime_05.png

    ime_06.jpg
    「辞書名」のパスが「通常の辞書」となっています.

  4. 「参照」ボタンを押して「IE保護モード用の辞書」を選択します.
    ime_07.png
    パスが「IE保護モード用の辞書」のものに変わりました.

  5. 再び「辞書ツール」を開きます.
    ime_08.png
    辞書名のパスが先ほどとは変わり,「IE保護モード用の辞書」のものになっています.単語も未登録です.

  6. 「ツール」→「テキストファイルからの登録で先ほど保存しておいたテキストファイルを入力します.
    ime_05.png

    ime_10.jpg
    登録処理終了のメッセージを確認します.

    ime_11.jpg
    単語が登録されました.
    以上で移行作業終了です.



「ディスクの管理」機能でパーティション分割

ビスタ上でパーティション分割を行うことができます.
手順は以下の通り.

  1. 「コンピュータの管理」→「ディスクの管理」を開きます.

  2. パーティション分割を行いたいディスクボリュームのイメージを右クリックし,出てきたメニュー内の「ボリュームの圧縮」をクリック.
    partition_01.jpg
    例では「ディスク1のJドライブ」を選択しています.

  3. 「圧縮する領域のサイズ」をMB単位で指定します.
    partition_03.jpg
    「圧縮可能な領域のサイズ」を超えないように.
    「圧縮する領域のサイズ」が新ボリュームのサイズ(最大サイズ)となります.
    「圧縮後の合計サイズ」が既存ボリュームの圧縮後のサイズです.

  4. 「圧縮」ボタンをクリック.→既存ボリュームが圧縮され「未割り当て」の領域ができます.
    partition_04.jpg
    Jドライブが30000MBに圧縮されました.Windowsでは1GB=1024MBの換算なので29.30GBと表示されています.
    残りの領域が「未割り当て」となっています.以下,ここに新たなドライブを割り当てます.

  5. 「未割り当て」の領域を右クリック.出てきたメニュー内の「新しいシンプルボリューム」をクリックします.
    partition_05.jpg

  6. 「新しいシンプルボリュームウィザード」が立ち上がりますので,指示に従い進めます.
    partition_06.jpg
    ボリュームサイズの指定をします.
    ドライブを一つだけ追加する場合は,最大ディスク容量と同じサイズを指定すればよいです.

    partition_07.jpg
    ドライブ文字を指定します.例では「k:ドライブ」になるようにしています.

  7. ウィザードでの指定が終わると,新ボリュームのフォーマットが始まります.
    partition_08.jpg

  8. 作業が完了しました.
    partition_09.jpg



スタートメニューの電源ボタンでシャットダウンできるようにする

ビスタのスタートメニューの電源ボタンは,「スリープ」に設定されており「シャットダウン」するにはその横をクリックしてメニューを開いて選ぶ必要があります.

  1. 「コントロールパネル」より「電源オプション」を開きます.
    shutdown_01.jpg

  2. 「プラン設定の変更」を開きます.
    shutdown_02.jpg

  3. 「詳細な電源設定の変更」→「電源ボタンとLID」内の「[スタート]メニューの電源ボタンの操作」で設定を変更します.
    shutdown_03.jpg




不要な機能を無効化する

  1. 「コントロールパネル」より「プログラムと機能」を開きます.
    mukouka_01.jpg

  2. 無効化する機能のチェックを外します.
    mukouka_02.jpg
    Tablet PCを使ってない場合は,「Tablet PC オプションコンポーネント」は不要ですね.





Page Top



この改行は必要→